イメージ画像

パソコンを使っていると色々な障害エラーが発生します

パソコンには色々な障害がありますが下記のような例が多いようです

1.BIOSを読み込めず、データを読み取ることができない

  BIOSは普通マザーボードに装着設置されていてOS及び周辺機器を起動するプログラムが格納されています。
 普通その隣に並んで設置されたCMOSがその内容を記憶しています。
 パソコンの電源がONされると一番初めにCMOSのその内容読み込みプログラムが実行され、Windousが起動する仕組みになってい ます。
 しかしCMOSはボタン電池が電源なので電池切れになってしまうと、記憶しているBIOSが揮発してしまうのでBIOS読み込むこと ができなくなりパソコンを起動できない障害が起きます。
 

2.画面に「巡回冗長検査(CRC)エラー」との表示が出る

 「巡回冗長検査=CRC」とはLANの故障を調べるものですからエラーメッセージの表示はフレームが壊れたメッセージです。

 

3.「(ドライブ名):\にアクセスできません」との表示が出て、ハードディスクドライブの中身が見られなくなる。
 セクターやクラスタの不良があると考えられます、時間は掛かりますがスキャンディスクとかデフラグの実行で不良セクタや 不具合クラスタが修正されるので回復できることがあります。
 但しスキャンディスクもデフラグもハードディスクデータを消去しますから必ずバックアップしてから行なってください。

4.画面に「0x0000007B」の表示が出る

 パソコンの起動用のデバイスドライバーに障害が起きた可能性が濃厚です。
 XPディスク修復CDでOSのシステムを再インストールして修復します.
  多分データーや設定は残る筈です。

5.「このフォルダは、削除または移動された」の表示が出る

 micro soft によれば、動作に問題はありませんので、「OK」ボタンをクリックしてくださいとのことです

6.管理画面ではドライブを認識しているのに、マイコンピュータでは表示されない
 USB接続では、ドライブの表示、非表示の設定が可能です。
  「コンピューター」→「ツール」→「フォルダーオプション」→ 「表示」→「詳細設定」で
 「空のドライブは[コンピューター]フォルダーに表示しない」を「表示する」に変更すれば表示されるようになります。

7.ハードディスク電源をONにすると、聞きなれない音(キーキー・カツンカツン)がする
 ハードディスクの物理障害です、至急バックアップを取ってハードディスクを交換してください。


8.基盤が熱くなって、モーターが回転しない

 基盤の物理障害です、至急バックアップを取ってハードディスクを交換してください。


9.基盤の焦げるような匂いがしたり、焦げたような跡がある
 基盤の物理障害です、至急バックアップを取ってハードディスクを交換してください。

 

10.パソコンにエラー表示が出る

  データーのバックアップをしてから「購入時の状態に戻す」のが一番確実な方法です。


 

どこのデータ復旧サービス業者に依頼したらよいか迷ったら!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

« ハードディスク障害はある程度、調べれば分かる | ホーム | ハードディスクの論理的な障害は人の失敗からよく起こる »

このページの先頭へ