イメージ画像

ハードディスクの論理的な障害は人の失敗からよく起こる

同じ論理障害でも
1.もう必要ないデータと思い込んでゴミ箱を空にしてしまった。
2.慌てていたため、間違えて重要データを削除してしまった。

などの場合はデーター復活が比較的容易に出来る障害です。
記録されているフォルダーやデーターはそのアドレスがハードディスクの管理テーブルエリアに記録されていて読みだすときは
このアドレスを調べてその位置からデーターを拾いだしています。
フォルダーやデーター削除すると管理テーブルにあるアドレスを消すだけでフォルダーやデーターそのものはハードディスクに残ったままです。


このためこれさえ復元すれば又フォルダーやデーターは読めるように出来ます。
これはCD等のクイックフォーマットも同じで管理テーブルにあるアドレス消去しかしていませんので極短時間でフォーマットが終了できるのです、勿論このクイックフォーマットではデーターはそのまま残ったままです。

但しこれらの管理テーブルのアドレスが消去されますと残ているデーターの書き込まれているハードディスクの領域は空き領域と同じに見なされますから、その後の書き込みではこの上に、ここに上書きされる可能性があります。
そんなことになれば「残ていたデーター」は本当に消滅してしまいす。
これが不用意な削除に気づいたらパソコン操作をしてはならない理由です。

所が次の論理障害を起こしてデーターが消えたときは先ず素人では復活することは出来ません
A.パソコンを初期化リカバリーしてしまった。
B.外付けハードディスクを誤ってフォーマットしてしまった。
C.データ復元ソフトを使いデータを上書きしてしまった。

これらの場合には「元のデーター」に上書きされたために「元のデーター」は「新しいデーター」に書き変えられてしまって完全に無くなってしまっています。
この場合でも「元のデーター」の微かな磁気は残留しいているので、データー復活業者に依頼すればデーター復活ができることもあるようですが大変な費用がかかります。

このためパソコンを扱うには、常にバックアップするのを習慣にすることが非常に大切なことになります。

どこのデータ復旧サービス業者に依頼したらよいか迷ったら!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

« パソコンを使っていると色々な障害エラーが発生します | ホーム | ハードディスクの物理障害は想像以上に良く起こる!? »

このページの先頭へ