イメージ画像

自分でデータ復旧作業を行った場合、失敗したらデーターは無くなる危険性が極めて高くなる

データ復旧は専門業者に頼むのが一番間違いなくて安全ですが、ビックリするほど高価です。一寸した復旧でも数万円は安い方でRAID仕様やLINUXサーバー系のトラブルによっては50万円以上もすることもあります。


論理障害の場合、多くの場合3万円?20万円ほどになります。

一方、物理障害の場合、20万円?35万円ほどになるケースがほとんです。
同じ物理障害でも約2倍以上違うケースもあります。

しかし検索しますと誰でも簡単に「データ復旧作業」が自分でできるソフトが無料のものから有料でも1万円程度で手に入りそうです。

本当に自分でデータ復旧なんてできるのでしょうか? 
答えは「データ復旧は本当に出来ます。但し失敗すると業者に頼んでも回復出来ない位に壊してしまうことも有ります」です。


ですから絶対に無くしてはならないデーターの場合は業者に任せましょう。万一消失してしまっても諦められるデーターなら、ご自分で復旧作業を試みられるのも良い経験ですし勉強にもなります。


但し、覚悟して試すにしても次の諸点だけは十二分に注意して頂きたいと思います。


また時間をかけて作業をすれば同じものを作れる場合だけに自分で作業をしましょう。
時間をかけて努力しても2度と同じものが作れない場合には作業を自分でしてはいけません。


例えば、子供の産まれた時の写真や動画、また子供の成長記録や家族の思い出などは特に自分で作業をすることは危険です。


1.失敗したらデーターは無くなるかも知れませんヨ!!それでも構わない場合だけトライしてください。データ復旧業者に持ち込まれる中には自分で失敗してデータ抽出が困難になってしまった記録メディアが数多く持ち込まれています。多くの場合、不要なデータで大切なデータを上書きしてしまったトラブルです。


2.復旧作業に入ったら絶対にインターネットに繋いではいけません。あなたのパソコンはインターネット閲覧中にもキャッシュファイルを作りパソコン内で保存されています。これが復旧したいデーターに上書きされてしまう怖れがあります。万が一、大切なデータを上書きされますとそのデーターは完全に壊れてしまいまって容易なことでは復元出来なくなってしまうからです。どうしても検索したいことが出てきたら、必ず別のパソコンで行いましょう。


3.パソコンで復旧作業以外の作業をしてはいけません、これも2.と同様の理由で危険な行為です。


4.メールの送受信も絶対にいけません、理由は2.と同じです。


5.ソフトのインストールもしてはいけません、復元ソフトもトラブル前にインストールしておかなければなりません。よくトラブルが起こってからインストールしている人がいますが、このインストール作業がデータを破壊します。


6.修復が終わったら復旧データーは他のハードディスクをUSB接続して格納します。良くある間違いの1つに復旧したデータを復旧したいHDDに保存してしまう間違いがあります。知らないで間違うケースがほとんどですが、中にはパソコンに慣れている人でも間違って保存をしてしまう方がいます。


7.最後に障害のあったハードディスクはそのまま保管しておきましょう。本当に大切なデータがある場合には電源を速やかに切ってデータ復旧サービス会社に相談してみましょう。

どこのデータ復旧サービス業者に依頼したらよいか迷ったら!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

« データ復旧作業を自分でやっても良いケースは非常に限られている | ホーム | 要注意!データ復旧作業を自分で行う場合にしてはいけない6つのポイントとは? »

このページの先頭へ