WINDOWS¥SYSTEM32¥CONFIG¥SYSTEMエラーの原因と対処法

「次のファイルが存在しないかまたは壊れているためWindowsを起動できませんでした: WINDOWS\system32\config\system」

このエラーメッセージの原因はパソコンが表示している通り
「WINDOWS\system32 OSの\config」則ち設定フォルダ内に問題があるためです。

ところでこのconfigフォルダはOSシステムやアプリケーシヨンの
各設定を記録したデーターベースで下記レジストリが収納されています。

関連記事

\system
\software
\sam
\security
\default

この5ツのレジストリは各々が完全に独立しているのではなく複雑に関連し合ってて構成されています。
そのため警告にWINDOWS\system32\configの「\system」ファイルが壊れているとありますが
「\system」だけの修復では回復せず「\config」に含まれる
5個のレジストリ全てを修復しないと残念ながら回復出来ません。

 

このファイルが壊れる原因として考えられるのは
先ずハードデスクの故障ですが、ハードデスクに物理的な損傷がなくても、
ウィルスなどによりファイルが書き換えれたり記録が損傷する
所謂、論理障害が起きていることが原因の可能性もあります。

このような論理障害は、パソコンをOS側で正常に終了しなかったとか、
過度な電圧変動があったとか、アプリケーションソフトのインストールやプ
ログラムのアップデートなどの時などに
偶発的にに記録が改変されてしまう障害で殆どの場合には原因を特定することは困難です。

 

このような「次のファイルが存在しないかまたは壊れているためWindowsを起動できませんでした:
WINDOWS\system32\config\system」とエラーメッセージが表示された場合の対処法としては、

  1. パソコンの知識に自信のあり、もう一台のPCがある方なら、故障したパソコンのハードデスクを別のパソコンの外付けハードデスクとして接続し、バックアップにある\system \software \sam \security \default に入れ替えて回復させる。
  2. Windows XP 回復コンソールで対処することが出来ます。( XP での回復コンソールのインストールおよび使用方法)に詳述されていますが概略はセットアップCDの回復コンソールでバックアップから\config-\system \software \sam \security \defaultを拾い「repair」フォルダーにある壊れた\config-\system \software \sam \security \defaultに上書きして回復させる。

等の対処法が有効と考えられます。

コメントは受け付けていません。