Windowsのロゴマークは出た後に先に進まない場合の原因と対処法

ウィンドウズのロゴマーク表示

OSの起動メータが画面に出ても一向に進まない場合やウィンドウズ開始のロゴマークが出た後にSTOPしてしまうような時は、ウィンドウズのOS自体か、または最悪、パソコンに内蔵されている『ハードディスク』や『SSD』などのドライブにトラブルが起こっている可能性があります。

このような直接的な原因としては、ウィンドウズのデータベースやシステムファイル、レジストリのトラブルが考えられます。それ以外では、ウィルスの感染でもウィンドウズの起動が停止してしまうケースがあります。

 

パソコンの電源を入れて暫くするとWindows独特の起動ロゴが現はれるのですがその後いくら待ってもその先へ進行しないことがあります。こんなパソコンの故障がよく報告されています。

パソコンは電源が入ると先ず最初の方でグラフィックカードに組み込まれたBIOSを読みに行きます、その結果Windowsロゴが表示されるのですからグラフィックスカードは読み込んだと考えられます。逆にいえば、モニター画面が真っ黒のまま何も表示されない場合、マザーボードやグラフィックカードに問題が発生している可能性があります。

その先へ進まない理由の殆どはWINDOWSのシステムファイルレジストリやレジストリが何らかの理由で書き換えられてしまっている、いはゆる論理障害が発生しているのが原因です。

この障害はウイルス感染によって起こることもありますし、Windowsが正しく終了されなかったために起きることもありますので常に正しい終了を心がける必要があります。

この対処法としては

.拡張オプションメニュー(詳細ブートオプション)

1から「前回正常時の構成」で起動する方法があります。

「拡張オプションメニュー」は、「詳細ブートオプション」とも呼ばれますが、同じものです。所謂、診断モードで起動できる選択画面です。具体的には電源を入れてキーボードの「f8」キーを連打し続けると「Windows 拡張オプションメニュー」が表示されますので「f8」キーは解放して、「オプションメニュー」にある「前回正常起動時の構成」をクリックし次に「オペレーティング システムの選択」となりますのでOSは勿論Windowsを選んで「Enter」して起動すればしめたものです。

2.前回正常時の起動構成でも正常に起動しない場合、セーフモード

万が一、前回正常時の起動構成でも正常に起動しない場合、セーフモードを選択し、ウィンドウズが起動するかどうかを試します。ハードディスクやSSDなどのOSが入ったドライブ自体が故障してしまったり、MBRやGPTなどのパーテーションにエラーが発生した場合でも正常起動しません。

  1. ドライブの故障
  2. パーテーションのエラー
  3. ファイルシステム(フォーマット)のエラー

いずれのケースも劣化したハードディスクやSSDで起こりやすい障害です。

 

3.Windowsの再インストール

3.最も確実な方法はリカバリーCDなどで起動しWindows OS を再度インストールする法です。但し、古いパソコンでは購入時にリカバリーディスクが添付されていましたが、近年、自分で作成するか、ドライブにアクセスし読み込まなければならないため、ドライブ自体の故障がある場合、そもそもアクセスすることも初期化リカバリーすることも出来ません。

尚、この初期化リカバリー最大の欠点はハードデスクのデーターが全て消滅することです、どうしても残したいデーターがあるときは一旦何らかの方法でバックアップを取ってから再インストールを行って下さい。バックアップを取っていない場合には、パソコンメーカーではデータ復旧対応はしていないので、専門のデータ復旧会社に依頼し、救出するのが安全です。

よくあるトラブルが、自分でアレコレ操作を実行してしまい、かえって障害を悪化させてしまうことです。データの復旧成功率も低くなりますし、復旧費用も高額化しやすいので、あまり電源のオンオフや強制終了を繰り返さないことが大切です。

コメントは受け付けていません。