フォーマットしてください!フォーマットされていません!のフォーマットって何?

パソコンに内臓されているハードディスクや外付のHDDは記憶媒体として多くの場合、家庭や企業内部で使われています。

大事な記憶部分なので構造もアルミニウムなどやガラスなど、少々の衝撃には耐えられるようにはできています。

このHDDの中身を見てみると中央に「プラッタ」(磁気ディスク)と言って円盤の形をしたもので鏡のようにピカピカと光っています。

データはこの「プラッタ」に記憶や再生をするところです。とてもデリケートな部分なのでHDDが稼働中にパソコンは慎重に扱うことが大事です。

万が一HDDが動いている時に何らかの衝撃がかかってしまうと・・・

関連記事

「プラッタ」の表面に傷がついてしまいスクラッチ損傷、または一部分が剥がれ落ちてしまう事があります。この現象を「磁性体剥離」といいます。

そのまま稼働つづけるとヘッドが損傷してしまい同時に記憶が失われてしまうことになります。

 

HDDは好きな音楽をダウンロードしたり、思い出の写真や会社の書類をデータにして保管や再生をするために必要な場所です。

 

長年、パソコンや外付けHDDを使用していると、パソコンで資料作りや画像を加工してしながら保存しようとした時に「・・・フォーマットされていません!」

「今すぐフォーマットしますか?」とエラーメッセージが突然、表示された経験はありませんか?

「はい」・「いいえ」のボタンが表示されますが、あわてて「はい」ボタンを押さないようにしてください。

 

日頃見かけないメッセージがいきなり出てくると慌ててしまいがちです。

このメッセージには必ず「いいえ」を選んでください。

 

ハードディスク内部の論理情報の1つであるファイルシステムが何らかの理由で読み取れなくなっている状態です。これはデータのやり取りをするルールが消失していることになるので、正常にデータの読み書きが出来ません。

最悪、使用し続けると専門のデータ復旧業者でも復元できないレベルに発展するケースがあるので、まずは現状を維持するために使用を中断しましょう。

この「フォーマット」の意味はHDDの中の本棚を項目別に区切り直したり、一度棚を空にしてルールを決めて本を取りやすくすることです。

大きなスペースにどんどんデータを積み重ねていくと後でデータを取り出す時どこにあるのか見つける作業が大変になっていきますからね・・・

本棚に棚をつけなければ本や資料がごちゃごちゃになってしまい見つけ出すことが困難になります。

細かく区切って整理整頓された本棚はスッキリしてとても取りやすくなります。

パーテーションを区切り直し、新しく棚を整理する作業をフォーマットといいます。

 

但し、保管してあるデータが必要ない場合には問題にはなりませんが、データが必要な場合、

パーテーションを区切り直したり、フォーマットする行為は棚の中身を全部一度、捨ててしまう作業となるので注意が必要です。

コメントは受け付けていません。