あなたは知っていますか?暗号化(セキュリティ)とデータ復旧とはトレード関係にあることを

会社に限らず個人でも人に見せたくない内容のデーターやファイル、フォルダーがあります。そのような需要から、これら秘密にしたいものを暗号化することが出来ます。

暗号化もソフトによってセキュリティの程度が色々ですが、基本的に安全性(セキュリティ)の高さと、いざ何らかの障害や事故が起きたとき、でデーター復活の難易度は比例の関係にあります。

解読が容易な暗号化の場合は簡単に暗号化を解くことも出来いざという時のデーター復元も容易ですが、高度な暗号化を施してしまうと容易なことでは解読出来ないだけでなく、データーが壊れたときの復旧も困難であることを十分に理解して行うべきです。

例えば

関連記事

「秘文」「EFS」等の暗号化ソフトを使えばファイルそのものを暗号化することが可能です。
勿論ファイルを暗号化しても暗号を解くことは可能で、そっくりもとの普通ファイルに復元することが出来ます。

またハードディスク全体を暗号化することも「POINTSEC(ポイントセック)」「SAFEBOOT(セーフブート)」等のソフトを使えば勿論可能です。ただ暗号化するには「ID」と「Pasword」を決めなければならないのですが、これが将来大きな問題に発展することがあります。

個人の場合ではよくこの「ID」と「Pasword」を忘れたり紛失したりすることが多く、いざという時にどうにもならないことになりますし、法人の場合で障害で暗号が解けなくなって業者に依頼しなければならないのに「ID」と「Pasword」を社外に公表することが出来ないため暗号を解くことが出来ない事例も多くあります。

この矛盾は例えば社外に持ち出せるノートパソコン・USBメモリー等には暗号化を行い、サーバーとか大型のデスクトップパソコン等はそのまま暗号化を見送るなどの方法で解決するのが通例のです。

尚インターネットでの送受信暗号としてはNetscape Communications社開発のSSL(Secure Socket Layer=エスエスエル)が標準プロトコルとして使はれています。

また、「POINTSEC(ポイントセック)」「SAFEBOOT(セーフブート)」「秘文」「EFS」等の暗号化ソフトを導入した時と数年経って担当者が変わってしまっている。または担当者が辞めてしまっているなど、「ID」と「Pasword」や解除コードなど必要なものが失われているケースが想像以上によくあるトラブルなのです。

こうなると本末転倒です。暗号化が会社の業務を悪化させて、日々の仕事に支障がでるレベルです。暗号化(セキュリティ)とデータ復旧とはトレード関係にあるわけです。暗号化を高度に行えば、数年に渡る「ID」と「Pasword」や「解除コード」の管理が必要となり、万が一のハードディスク障害時にはデータ復旧が極めて難しくなります。

将来的なきちんとした計画とパソコンやサーバーに対する正しい知識がないと、セキュリティを強化したつもりの暗号化が思わぬ2次災害に発展するケースがあるの要注意です。

コメントは受け付けていません。