スキャンディスクは危険!?データの消失トラブルの関係性

チェックディスク

スキャンディスクではWindowsなどのOSを正しく起動させるためなどに行う作業なので、データの復元出来ません。このSCANDISK作業で修復できなかったフォルダは「FOUND]というフォルダになり、修復できなかったファイルは「.CHK」というファイル名として保存されます。

データは消えてしまう上に、新たにCHKファイルとして保存されてしまうことでその他のデータまで喪失してしまい、データを復元することが不可能になってしまいます。ハードディスクドライブに物理的なトラブルが起こっている場合、プラッターの記録面データの読み込みや書き込みができないので、ウィンドウズは、スキャンディスクを実行するようにメッセージを出します。

ハードディスクの構成とスキャンディスク

この時にスキャンディスク(チェックディスク)を実行してしまうとデータが消えてしまう可能性があるので注意が必要です。

ハードディスクはプラッターと呼ばれる磁気記録円盤と、磁気ヘッドで構成されていますがヘッドとプラッター表面の隙間は、わずか10nm(ナノメートル)しかありません。

しかもプラッターは7200rpmの高速回転ですから何時接触事故でプラッターに記録されたデーターが読めなくなったり書き込みできなくなっても不思議ではありません。

CHKDSKユーティリティを実行してください

その他にもな温度上昇による金属膨張を原因とする記録位置の狂い、磁気ヘッドの磁性低下、等々の物理的障害で読み込み書き込みが困難になりますとパソコンは「ファイルまたはディレクトリが壊れており、読み取ることができません。CHKDSKユーティリティを実行してください」と表示してきます。

また・・・通常時でもスキャンディスクを行うことは可能です。
「スタートメニュー」⇒「マイコンピュータ」「ドライブ」右クリック⇒「プロパティ」⇒「ツール」⇒「チェック」クリックで「スキャンディスク」は起動出来ます。
「スキャンディスク」はハードディスクに正しくデータが書き込まれているかどうかを検査しシステムを正常に働くようにするツールです。

スキャンディスクの役割

例えばFAT(ファイルアロケーションテーブル)はどのファイルがデーターの何処に書き込まれているかを示す住所録のようなものですがこのFATとデーターが正しい番地に存在しているかを調べ、若し違っていれば修復します。

このように「スキャンディスク」はあくまでもオペレーションシステムを正常に動作させるためのツールでアクセスが困難なデーターを修復したり復元するための機能は全くありません。

むしろ厄介なファイルは新しく「FOUND」という名のフォルダーを作り「.CHK」として保存してしまいます。しかもこのFOUNDやCHKファイルは属性が隠しファイルですから「スキャンディスク」のあと、データは消えてしまいます。

CHKファイルの表示方法

もっとも「フォルダオプション」⇒「すべてのファイルとフォルダを表示する」⇒「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外せば見えるようにはなりますが。しかしデーター復元は困難になりますので「スキャンディスク」実行以前に必要なデーターは全てバックアップしておかないと危険です。

しかし度々「CHKDSKユーティリティを実行してください」が表示されるようなときはハードデスクの物理的なダメージがかなり進行していると考えられますのでそれなりの準備を急ぐ必要があります。

「.CHK」はファイル名や拡張子も不明となるため、データ復元リカバリーが難しくなるので、安易にスキャンディスクを行ってはいけません。隠し属性の為、通常では隠れていて見えない。データが消えたと思う人も多い。ファイル名や拡張子名も別名で保存されて復元リカバリーが困難に・・・。

FOUNDやCHKは通常では見えない。このFOUNDやCHKファイルは隠し属性ファイルのため、通常では表示されません。そのため、「スキャンディスクを行ったらデータが見えなくなった」と言う現象が発生します。

※ 表示を可能にするには、フォルダオプションの表示から「すべてのファイルとフォルダを表示する」を選び、更に「登録されている拡張子は表示しない」からチェックを外す必要が有る。

ディスク内のファイルやフォルダの整合性をチェックし、論理的もしくは物理的なエラーを検出・修復するユーティリティです。スタートメニューから「プログラム」ー「アクセサリ」?「システムツール」?「スキャンディスク」で起動できます。

さて、検出されたエラーヘの対処方法ですが、間い合わせてくる内容に対して「はい」ボタンをクリックしていくのが、セオリーです。
スキャンディスクで発見される工ラーには以下のようなものがあります。それぞれの簡単な対処法を記述しておきます。

デイスク容量の異常

ハングアップの後に強制終了すると、FAT32のディスクでよく現れる症状です。ディスクの容量報告が間違っていると警告してきますが、ほとんどの場合タ害はありませんし、スキャンディスクが自動修正します。

FATの異常

FATデータに異常かある場合、あらかしめ用意されているFATのバックアップに差し替えられます。この動作もスキャンディスクが自動的に行います。

破損フアイル

破損フアイルか見つかった場合は、破損ファイルの断片を破棄してディスク領域を解放してください。「ファイルに変換」を選択した場合、File0000.chkなど拡張子が「.chk」というフアイルが、ルートディレクトリに大量にできるかもしれませんが、これらは、破損ファイルのバックアップです。ここから情報を回復できることもありますが、ほとんど不可能なので、削除してしまって構わないでしょう。

クロスリンクファイル

複数のフアイルが同しファイル領域を同時に使用している場合に起こります。削除しない限り消えませんが、一応コピーを作成してから削除したほうが安全です。ただし、Wibр盾翌唐ェ「これはすでに削除されているファイルで、消しても問題はありません」と報告してくる場合は、そのまま削除してしまって構いません。

無効なファイル名

ロングフアイルネームに工ラーがあった場合に表ヲされます。スキャンディスクの指ヲに従って修正してください。多くの場合、スキャンディスクが白動的に修正してくれます。

無効な日時データ

無効なファイル名同様、画面の案内に従ってください。多くの場合は、ファイルのタイムスタンプが未来の時刻に設定されているために起こります。大したエラーではありません。

不良クラスタ

深刻なエラーです。減多に発生しませんが、この工ラーが出たときには、かなり被害が広がっている可能性もあります。ディスクの読み書き時にハングアップしたり、読み書きできない不良クラスタが発生した場合、まずディスク上のすべてのクラスタをチェックし、スキップセクタとしてマーキングしてください。

そのまま使い続けると不良クラスタにアクセスしようとして、ハングアップします。スキップセクタとしてマーキングしておけば、再フォーマットしてもマーキングは消えず、不良クラスタをないものとして扱ってくれます。

ただし、不良クラスタか、発生した八一ドディスクは、寿命か近い可能性があります。速やかにバックアップを取り、新品に交換したほうが賢明かもしれません。

なお、スキャンディスクの実行時にエラーが確認できた場合、その場で修正を行うと、スキャンディスクか再起動することがあります。調査対象となったドライブの内容が、調査中に変化してしまったために起こる現象です。
これを防ぐためには、スキャンディスクを開始する前に「工ラーを自動的に修復」にチェックしておきます。

また、「詳細」ボタンを押して、画面のように設定してお〈と、すべてのエラーに対して何らかの措置を加え、その結果をScandisk.Logに残してくれます。ハングアップしてしまい、そのまま電源ボタンをオフにするなど、正しい手順でWindowsを終了しなかった場合、次回の起動では、Windowsの前にスキャンディスクが自動的に動作します。このとき、かなり破損ファイルを削除していたりする場合があるので、定期的にScandisk.Logを閲覧し、壊れていないかどうか確記するクセをつけるといいでしょう

コメントは受け付けていません。