ドライブ F: を使うにはフォーマットする必要がありますの原因と解決法

フォーマット

外付けハードディスクやポータブルHDD、USBメモリーを使っているとある日、突然に「ドライブ○を使うにはフォーマットする必要があります。」○の箇所はEやFなどのローマ字の割り当てられたドライブが表示されるエラーメッセージが出てくるトラブルが起こるケースがあります。SDカードなどでも同じですが、基本的にOSは正常に動作していても、パソコンに接続したUSB関連のメディアで表示されます。

これまで使用していたハードディスクやメディアなので、基本的には『いいえ』をクリックしフォーマットしてはいけません。
尚、コンピュータの管理やマイコンピュータ上では、ターゲットドライブが表示されますが、該当ドライブをクリックしアクセスしようとすると、やはり「ドライブ F: を使うにはフォーマットする必要があります。フォーマットしますか?」とポップアップウィンドウで警告メッセージが表示されます。

実際、ウィンドウズの警告どおりにフォーマットした場合、ドライブとして使用できるようになる可能性もありますが、当然ながら保存されていたデータは消去されるので注意が必要です。また古いOS、例えばXPやMeなどでは、 “ディスクがフォーマットされていません”というエラーメッセージでしたが、同じ内容のエラー警告です。

フォーマットは危険な行為

誤った操作

PC側からは、ハードディスクなどのメディアを利用できるようするために必要な情報がフォーマット(ファイルシステム情報)なのですが、
使用者側にとっては、これまで作成し保管してあったデータ自体が必要であり、初期化したいわけではありません。
そのため万が一 “フォーマットする必要があります”とエラーが出ても決してフォーマットしてはいけません。

保存してあったデータがない場合や、バックアップデータがある場合には、例外的にフォーマットしても問題はないでしょう。
ですが、良くあるトラブルの1つが、データをバックアップしていたつもりだったのに、実際にはバックアップされていなかったというケースです。

このようなトラブルは人為的なミスの他に、元々、ハードディスクが損傷している状態でバックアップ操作を実行した場合などに起こりやすくなります。

損傷個所だけが読み取り出来ずに除外されたことに気が付かず、バックアップが完全にあるから大丈夫と勘違いしている起こります。
通常、フォーマットをしただけではデータが完全に消失するわけではありません。
データのファイル名や保存してあった場所などデータにアクセスするための情報が失われるだけです。
所謂、データリストの目次が消えるだけで、データは残っています。

ですが、目次が消えることで、ウィンドウズなどのOS側からはデータを探せず、アクセスできないようになります。

 このように一見、フォーマットでのデータ損失はないように想い、安易にフォーマットしてしまう人が後を絶たないのですが、実際は、このフォーマット操作によってデータ損失確率は間違いなく増加します。特にバッドセクターやプラッター記録面に何らかの損傷がある場合には致命的な作業になるので注意が必要です。

 

「フォーマットする必要があります」と表示される主な原因

フォーマットする必要があるとエラーメッセージが表示する原因の多くは、
WindowsがNTFSやFAT32、FAT6、ext2などのフォーマット形式つまりファイルシステムを認識できないためです。
ファイルシステムを認識できないとウィンドウズはどのように認識したら良いのか不明なため操作を実行できません。

そのためOSが処理できるファイルシステムに再びフォーマットして欲しいとユーザーに依頼している訳です。
何故、認識できないのか?それには色々な理由が考えされるため
残念ながら間違いなく回復させることができる方法が存在するわけではありません。

複数の故障原因があるのです。
但し、1つだけハッキリしていることは、「ドライブメディアのパーティション形式は認識しているけど、ファイルシステムが不明な状態」ということです。
また多くの場合、このような “フォーマットする必要があります”と警告エラーが出るのは古いハードディスクなどに特に多いのです。

おおよそ製造から4年以上経過したハードディスクで特に多いのが特徴です。
使用開始からではありません、またお店で購入してからでもありません。
製造開始からなので、古い在庫の外付けHDDやUSBメモリーを購入していると、非常に短期間で発生しやすくなります。

チェックディスク(スキャンディスク)ではブートセクタの修復は不可能

チェックディスク(スキャンディスク)は、ファイルシステムを強制的に修復しますが、残念ながらブートセクタの障害については効果がありません。
何故かと云えば、復元のために必要なファイルシステムがなにか不明な状態だからです。

一般的にハードディスクの論理区画情報であるパーティションのファイルシステムは、最初にブートセクタによって定義されています。

そのためブートセクタ自体にトラブルが発生した場合は、そもそも何のファイルシステムであるかも不明になってしまい、OS側から操作できません。
つまり例え、コマンドプロンプトであっても、CHKDSK自体が使用できません。

 

コンピュータの管理で”RAW”と表示される場合

コンピュータの管理でRAWと表示

コンピュータの管理で”RAW“と表示されているケースがあります。
これはファイルシステムが未加工の状態、簡単にいえば「フォーマットされていない」ことを指します。
この”RAW”表示の主な原因はディスクパラメータです。

通常、ディスクパラメータは、PBRと呼ばれる各パーティションのブートセクタに格納されています。
パーティションのファイルシステムの必要な基本情報を含みます。
ファイルシステムの規則が保存されているわけです。

ディスクパラメータを読み取れない以上、パーティションに対し操作実行することはできません。

それも当然で、規則を理解していないので、ドライブを読み取り出来ないのです。

 

コマンドプロンプトでチェックディスク

コマンドプロンプト

Windowsは、ファイルシステムの修復ツールを自前で持っています。
chkdsk c: /f
いわゆるチェックディスクです。
チェックディスクは自動的に実行されることもありますが、
すべての場合でWindowsが適切に自動処理してくれるわけではありません。

ファイルシステムに異常があると考えられ、ユーザー側で対処する必要がある場合には、
手動操作でチェックディスクを実行しなければなりません。
下記ページは、コマンドプロンプトから「chkdsk」を実行する手順と、
ファイルシステムを修復するためのオプションについて解説したのもです。
「chkdsk」と修復オプション
これだけで復旧できる場合もあります。

但しデータを破壊するケースがほとんどなので、データのバックアップをしていない場合には危険です。
実はウィンドウズでは、独自のファイルシステム修復ツールが存在します。
普段は分かりづらい場所にあるので、一般ユーザーが利用するような場所にないだけです。
それが「コマンドプロンプト」です。
windows7などでは、「スタート」-「プログラム」-「アクセサリー」-「コマンドプロンプト」という経路を辿っていけば見つかります。

この「コマンドプロンプト」では色々な操作が実行できるのですが、”フォーマットする必要があります”というメッセージが表示された場合に使えるのがチェックディスクです。
スキャンディスクと呼ぶ人もいますが、意味は同じです。

このチェックディスクの実施方法は対象ドライブレターが「F」の場合、下記のようになります。

Chkdsk c:/ f

ドライブレターはその都度、変わるケースがあるので、コンピュータの管理やマイコンピュータで確認してから実施してください。通常、CやDはパソコンの内蔵ハードディスクが割り当てられているため、USB接続やSDカードの挿入などによって順次E、F、Gとローマ字名のドライブレターが割り当てられます。
尚、このチェックディスクは内蔵ハードディスクや外付けHDDを対象に自動実行されるケースがあります。

尚、自動実行されそうな時は一旦、キーボードを操作し、自動実行を停止することが無難です。
このチェックディスク(スキャンディスク)はセクターを修復できない場合、その領域にあったデータを全て隔離してしまうからです。
まるでウィルスに感染したように、データが消失しまうため危険なのです。

そのため、データがある記録媒体には使用しないことが基本です。データがなく、OSだけがあるドライブなら試す価値があります。

 

PBRを見つけることができないケース

パーティションテーブルに何らかのトラブルがあると、PBRを検出し読み込むことが出来なくなります。
このPBRは第一セクタ・ブートセクター(MBRまたはPBR)に存在します。
PBRはパーティション・ブート・レコードの略称です。パーティションのないハードディスクなどのメディアの第一セクタや、それぞれのパーティションの第一セクタにあります。

インストールされたOSを読み込んで起動するコードが保管されています。
WINDOWSなどのパソコンは、BIOSはPBRとMBRを区別しません。そもそもBIOS自体はパーティションも認識しないからです。

通常、BIOSはハードディスクなどの第一セクタ、つまりブートセクターを読み込んで実行するだけだからです。
この第一セクタ、つまりブートセクターのパーティションテーブルに何らかのトラブルがあるのは、パーテーションサイズが間違っていたり、テーブルの値が不正な場合などに起こりやすくなります。
そのためOSが入ったハードディスクでPBRが検出されない場合にはBIOSの段階でエラーになります。
一方、USBの外付けHDDやポータブルハードディスクでPBRが検出されない場合には「ドライブ F: を使うにはフォーマットする必要があります。フォーマットしますか?」などの警告メッセージがOS側から表示されます。

パーテーションのパラメーターをそもそも読み込めないので、ドライブを扱えないからです。

致命的なバッドセクターの多発トラブル

尚、「ドライブ F: を使うにはフォーマットする必要があります。フォーマットしますか?」とエラーメッセージが表示されるのは、論理障害とは限りません。
論理障害の場合、時間をかければ復旧できるアプローチ方法が幾つかありますが、不良セクタなどの物理障害が発生している場合、時間をかけるだけ無駄になります。

論理障害だけならハードディスクなどのメディアを復旧できる可能性はありますが、不良セクタ、つまり『BAD SECTOR』などの物理障害が発生している場合、専門のデータ復旧会社でも復元することが難しいのです。

それはクリーンルーム設備があってもなくても同じです。

バッドセクター上にあるデータは読み取り出来ても破損しているケースがほとんどだからです。
そのためバッドセクターが多発している場合、物理的にデータを読み込めないため、何をしても無駄になります。時間だけが膨大にかかり何も復旧できない・・・。そんなケースも良くあるのです。

コメントは受け付けていません。