悪徳、悪質なデータ復元業者は何も値段が高いとは限らない

悪徳、悪質と思われるデータ復元業者は何も値段が高いケースにだけあるわけではありません。

異常に安い場合にも、注意が必要です。

例えば、実際にあったケースでは、電話での問い合わせ時には「弊社なら5万円で復旧可能ですヨ」と言っていたのに、実際に送ってみたら、「50万円かかります」と連絡があったというケースです。

これだけ最初と実際に、価格差があると、利用者は正式な復旧を依頼しません・・・。

実はそれはデータ復旧業者も分かった上で、行っているのです。

どういうことか?

「復旧不可」・「復旧できません」と答えると技術力が低い。または他社でその会社の技術力が分かることを恐れている可能性があるのです。

そして、事態は最悪の方向に進みます・・・。

他社でも調査だけじゃなく復旧できないように調整されてしまうのです・・・。

そのため、ある特定の業者に依頼すると、長い技術の蓄積がある実績豊富な業者でも復旧できないという最悪の結果になります・・・。

このような、悪質な業者は、「弊社ではデータ復旧費用が固定です!」とか、
「税込5万円以上かかりません!」など、どんな障害でも同じ値段で復旧できますアピールをします。

ですが、実際は復旧できません・・・。とくにPC3000というデータ復旧機器をもっていることをアピールする会社は要注意です。復旧できるものだけ、復旧し、後は破壊または調整されてしまうのです。

ここら辺は悪質なリフォーム業者同様です。
オーダーで仕上げる「リフォーム」も個別な諸条件で費用は大幅に変わります。

特定パターンの範囲内に入る物件だけ対象として固定費用に見せかけて、その他のケースではオプション費用が高額というケースです・・・。

お客さんを集めるだけ集めてふるいにかけて、対象外のお客さんにはオプション費用で儲ける仕組みです。

このような一見、低価格、固定価格のような記載があるホームページのデータ復旧業者はリフォーム業者同様に要注意です。

リーズナブルな費用でも要注意なデータ復旧業者

では、その他にどのようなことに注意すれば、悪徳業者に騙されないで済むのか?

本記事では高額で悪質なデータ復旧者ではなく、リーズナブルな費用でも要注意なデータ復旧業者の事例を記載します。

幾つかのチェックポイントがあります。

  1. 出張サービス
  2. PC3000

データ復旧業者なのに、出張で調査復旧できるサービスがあるのは要注意です。
まともな業者は、まずやりません。

それも、そのはずで、パソコンやサーバーのエラーは70%以上は機械的に故障している物理障害です。
70%以上ですから、ほとんどは物理障害です。

そもそも、出張しても意味がないケースが70%ですから、通常はしません。
利用者にとっても企業にとってもメリットが少ないからです。

このような重度の障害は、クリーンルーム設備が必要になります。

そのため、出張して現場で対応出来るものではないのです・・・。クリーンルームの作業となれば、設備の使用時間の調整や技術者の配置などが必要になります。人間の移植手術と同じで、検査や各種調整が大変なものです。

さらに、このような出張サービスでデータ復旧を行っている業者は、データ復旧業者なら当然知っている「PC3000」を3台完備とか記載します。

「PC3000」はロシア製のデータ復旧機材です。持ち運びできるタイプもあるので、専門のデータ復旧業者なら大体、持っています。

ですが、そのことをアピールするデータ復旧業者は通常いません。

見る人が観れば、「クリーンルーム対応ができないんだな。」等、技術力が分かるのです。
そして、「出張サービスあり!」と記載があれば、この業者が初期調査したハードディスクは危険だなと判断されてしまうのがオチです。

慣れない一般利用者は騙せても、古くからデータ復旧サービスを行っている、まとまな業者は、そのような危険な業者を経由した依頼品をまずは受け付けてくれません。

危険な業者が調査した障害メディアは拒否されやすい

そのため、下記のような会話が利用者とやりとりされることになります。

依頼者:「○○で調査をしてもらったら、50万円以上かかると言われたので、キャンセルしたのですが、復旧可能ですか?」

データ復旧業者:「○○で既に調査されたのですか?」

依頼者:「はい。○○では復旧不可とは言われませんでしたが、当初の話と違い予算的に合わなかったので・・・」

データ復旧業者:「○○ですか・・・通常、弊社では未開封のハードディスクのみ対応しています。また他社調査がある場合には初期調査費用が復旧の可否に関わらず2万円ほどかかります。」

依頼者:「えっ、初期調査は無料でなくなるのですか!?」

データ復旧業者:「はい。その通りです。」

調整されたハードディスクなどは、復旧率が非常に低くなります。
特に特定の悪質業者が調査した場合などは、受付さえ拒否されます・・・。

他社調査は元々、復旧業者側に嫌われやすい傾向があります。
さらに、業界内で非常に評判の悪い業者で初期調査をすると、まず断られます。
その断りの合図が、「初期調査費用が復旧の可否に関わらず2万円ほどかかります。」というフレーズなのです。

このフレーズ意味、分かりますか?

悪徳、悪質なデータ復元業者は何も値段が高いとは限らない記事のまとめ

悪徳、悪質のデータ復元業者は記載されている料金が高いとは限らない
異常に安い場合にも、注意が必要
他社でも調査復旧できないように調整してしまう悪徳業者がある

悪徳、悪質なデータ復元業者のチェックポイント

データ復旧費用が固定と記載されている
データ復旧業者なのに出張対応可能と記載がある
「PC3000」と堂々と記載しアピールしている

コメントは受け付けていません。