ハードディスクドライブ(HDD)の寿命!何年くらい持つもの?

ハードディスクのプラッター

パソコンだけでなく、家庭用電化製品は年月が経つにつれて古くなって故障しやすくなります。家庭用電化製品のほとんどは製品にもよりますが5年経つとどこかしらが不調をきたしてしまうのです。

しかし、パソコンのほうが家庭用電化製品より壊れやすいといわれています。

どうしてかというと,その要因の多くはパソコンの中にあるハードディスク(HDD)の故障です。

ハードディスクの重要性

例えば,制御基盤は洗濯機・冷蔵庫・炊飯器にもあります。しかし、データ類の読み書きをするハードディスクを内蔵しているのはパソコンやDVD・ブルーレイレコーダーなどの記録メディアを持つものだけです。

メモリー・液晶モニター・基盤・CPUが5年以上の寿命があっても,ハードディスクそのものが機械的故障を起こしてしまえばパソコンは起ち上げられずWINDOWSを扱うこともデータにアクセスすらできないのです。

ハードディスクの利用可能限界

このハードディスクは3年から4年程度が一般的に寿命だといわれています。
ヘッドとプラッター

使うための環境だったり利用の仕方で違いはあるものの、パソコンのほとんどはハードディスクを換えないと4年もすれば壊れてしまったり、ウィンドウズが起動しないなどの何かしら問題が発生しやすくなります。

使用環境や操作方法など運が良いと7年から10年保てることもあるようですが極めて稀です。最初に運がよく、購入から7年、10年と普通に使えた場合、次に新しいパソコンを購入した際にも、同じように大丈夫だと思ってしまう人が多いのですが、非常に危険です。

ですが、ハードディスクをきちんと定期的に新品のものに換えておきさえすれば「USB接続外付けハードディスク」でも、「パソコン」でも5年以上正常に使用することができます。

関連記事

購入から5年以上経過すると

5年以上使用しつづけると電源・液晶モニター、CPU、メモリー、基盤(マザーボード)など他のものが順次、壊れやすくなります。

ノートパソコンの場合,液晶モニターにバックライトが使われているので継続して使用する度にその性能は衰えていくのです。所謂、ドット欠けが増えたり、明るさが落ちたり、最終的には画面に何も映らなくなります・・・。

パソコンを使用するときには1年に1回は出来れば、新しいハードディスクに換えて,大切なデータを含めて・オペレーションシステムやインストールしたプログラムを移行させ,5年経過したら新品のパソコンに買い替えるようにしたほうが賢明といるでしょう。

会社で使っているパソコンの場合、最低でも3ヶ月に1回データバックアップを行ってください。出来れば毎週、データのバックアップを自動や手動を問わず、おこなった方が安全です。ワードで作った文章やエクセルの表計算、見積書や請求書、研究データや会計データなど、これまで時間を掛け作成したデータの数々には膨大な労力がかかっているこでしょう。

個人のデータであれば、結婚披露宴だったり結婚式で撮った動画・写真を保存しているケースもあるでしょうし、またお子さんが産まれて成長していく過程を撮ったものもあることでしょう。それは子供たちにとっても両親にとっても貴重な思い出や宝物ばかりです。

ウィンドウズも7・ビスタ・8や10など、次々と新しいOSが出ていますが、古いOSを使用しているのであれば早急にデータを移して新しく換えたほうがいいです。

まだ使えるし平気だと考えていては問題が大きくなるばかりでどうにもならなくなってしまいます。
買い替えのタイミングは個人の懐事情によっても違いますが、マイクロソフトの正式なOSのサポートが終わってしまう前に、新しく買い替えた方が安全です。

夏の暑い季節にHDDが壊れやすいのは事実か?

季節が夏だとパソコンは壊れやすい

自分のデータを復旧してほしいという件数のほとんどはハードディスクと言われています。
SSDやUSBメモリー、SDカードやeMMCなども増加傾向にありますが、大容量記憶メディアはデスクトップPCやノートパソコン、USB外付けHDDなど、今でも内蔵の主記憶装置はハードディスク(HDD)が一般的です。

このハードディスク(HDD)の故障率が普通よりも1.5倍以上となるのは春の季節である4月から秋の10月くらいまでと言われています。また,夏の季節となる7月から9月には相談してくる数がドンドンと増加する傾向があると云われています。

年間では四季に関わらずPCの故障は多く見られます。
しかし,実情としては夏の始まりから暑さが残る残暑の季節にかけてハードディスクが一番壊れやすくなっていると言われています。

例えば,PCが週末に差し掛かった金曜まで何事もなく起動していたのに新しい週を迎える月曜日にいきなり何も操作を受付てくれないといった事例も数多く報告されています。

特にハードディスクが夏の季節に故障しやすい要因となるのは「湿気」と「温度」や「ホコリ」が原因となります。

 

パソコンやサーバー内の空調管理

気温や油圧計

大型連休などの長い休みとなった会社では,日数に応じてビル自体の点検を行います。そうした際に電気・空調が止まった影響を受け室内の温度が上昇し,パソコンにまで悪影響を及ぼしたという事例もあります。

また近年は省エネルギーが広がっている事もあって,ほとんどの会社が夏場にエアコンを使う時の温度を高くしています。そのため、PC本体の熱も余計に上がってしまいHDDがクラッシュしてしまうのです。クラッシュというのはデータの書き込みや読み込みが出来なくなることを言います。このような物理障害のため結果的に保存していた全てのデータが消失したといった問題が増加しています。

例えば室内の温度が28度となっている時のPCはそれよりも高い40度以上となるケースも珍しくありません。

あまり電力を使わないといういわゆる節電をしようという考えはとてもいいのですが,逆にHDDの故障に繋がってしまい、データ消失トラブルが増加してしまうという悪循環になるケースもあるので注意が必要です。

パソコンやHDDがクラッシュしてしまうような重大な影響が出ないように、夏の暑さや室内の温度・湿度にはじゅうぶん注意する必要があります。換気をしたり温度調節をうまくしていくのも方法のひとつだと言えます。例えばパソコンの下に放熱効果の高いアルミ板や空調機能付きのパソコン台の上に載せて机から離し、空調に気を付ける方法もあります。

 

HDDの熱管理

状況を見るためにPCの中にあるハードディスクを取り外した時に,高熱となっているのでそこで初めて基盤の不良に気づくケースもあります。

メーカーや型番などのモデルによってもかなり違いはありますが,触れてみると指先が火傷してしまうくらい高熱を帯びている事もあるのです。

真夏日などの外気の暑さに加えて,HDD自体の熱さともなってしまってはパソコン内部もハードディスクの基盤部分も一気に劣化しやすくなります。

熱は急激に、ハードディスクを劣化させ、モーターの軸受けやプラッター記録面の磁性体、その他金属パーツを変形し、故障しやすくなります。

HDDの物理障害が発生した場合の症状

こうした事態が原因で発症したトラブルが物理障害です。
分かりやすい症例では、カチン、カチンとかカチャッ、カチャッなどの異常音が連続して発生するケースです。

所謂ヘッドエラーというもので、データを正常に読み書きできなくなります。

その他にも、フォルダーにアクセスできなくなったり、ファイルを開こうとするとエラーになって開けないなどの症状があります。
特に古いハードディスクの場合、バッドセクターと呼ばれるセクター不良が発生しやすく、データの読み書きが急激にできなくなります。

その際、慌てて、スキャンディスク(チェックディスク)をするユーザーが多いのですが、決して実行してはいけません。
バッドセクターが発生している状況下で、スキャンディスク(チェックディスク)をした場合、データが破壊され救出できなくなるからです。

何もしなければ、復旧できたかもしれないデータをユーザー自身が破壊しているトラブルが非常に多いのです。

データ復旧は非常にデリケートな作業なので無理してデータを破壊してしまう前に、専門のデータ復旧業者に任せた方が安全です。

コメントは受け付けていません。