「TestDisk」の使い方とは

TestDisk

「TestDisk」はディスクパーティション用の強力な修復ツールです。オープンソースソフトウェアなので無料で使えます。

「TestDisk」の使い方や主な使用目的は次のようなものです。

  • パーティションテーブルを復元
  • 誤って削除したパーティションを復元
  • FATテーブルを復元
  • バックアップからFAT32起動セクタを復元
  • FAT12/FAT16/FAT32起動セクタを再構築
  • NTFS起動セクタを再構築
  • バックアップからNTFS起動セクタを復元
  • ext2、ext3、ext4のバックアップ
  • FAT、exFAT、NTFS、ext2のファイルシステムから削除されたファイルを復元
  • FAT、exFAT、NTFS、ext2、ext3、ext4のファイルシステムからデータをコピー

 

「TestDisk」は初心者向けと熟練者向けの両機能を兼ね備えています。そのため突然認識できなくなったパーティションも、「TestDisk」によって復旧できる可能性があります。

この「TestDisk」は、記憶装置内に残っているパーティションの痕跡をたどって、パーティションテーブルを書き換えることで、アクセス不能になったハードディスクでもデータを抽出可能な状態に戻せる可能性があります。

やってることは難しいかもしれませんが、「TestDisk」の操作自体は簡単です。「TestDisk」は、MBRやGPTなどのパーテーションテーブルを書き換えます。そのため、操作は簡単なのですが、やっていることは普段実行しないパソコンやハードディスクの基本操作を手動でおこなうことになるので知識と安全な操作が必要になります。

「TestDisk」の主な使用目的なパーティションテーブルの不具合で起動できなくなったパソコンのデータ復旧が主となるでしょう。ということは、逆に言えば「TestDisk」の操作を万が一間違えると、パーティションテーブルの操作を伴うため、ドライブ選択などを間違えるとWindowsそのものが起動できなくなるケースもあります。そのため操作は自己責任で実行してください。

つまり「TestDisk」を使うパソコンはユーザーが意図していない変更を加えるため、非常に危険な状態になります。そのため大切なデータのバックアップをしていない場合、まず最初にデータのバックアップ作業を優先してください。この段階でまだバックアップをしていない場合、直ちに「TestDisk」の操作を中断し、バックアップ作業をまず実行してください。

 

「TestDisk」の対応OS

「TestDisk」は以下のOS環境下での動作保証がされています。

  • DOS
  • Windows 9x系(95、98、98SE、Me)
  • Windows(NT4、2000、2003、2008)
  • Windows(XP、Vista、Windows 7(x32とx64)、Windows 10)元
  • MacOS X
  • Linux
  • FreeBSD, NetBSD, OpenBSD
  • SunOS

 

OSにはそれぞれ決まったファイルシステムが存在します。FAT12、FAT16、FAT32、exFATなどのFAT系から、近年のWindowsOSで使用されているNTFS。そして、Linux系OSで使用されているext2、Mac系のHFS+などです。

FAT系のファイルシステムは主にフラッシュメモリカード(SDカードやMicroSDカード、USBメモリー)、デジタルカメラ、などの軽量な携帯系デバイスでよく使用されています「TestDisk」は、基本的にほとんどのOS上で動作可能です。

 

「TestDisk」の入手ダウンロード方法

「TestDisk」の入手先は以下のとおりです。

項目 詳細
ソフトウェアページ CGSecurity
ダウンロードページ TestDiskDownload

TestDiskのダウンロード

「TestDisk」のダウンロードサイト

 

ダウンロードした「TestDisk」のファイルはフォルダ毎、圧縮されています。そのため解凍ソフトを使って圧縮データの「testdisk-6-14-win.zip」を解凍してから使用します。バージョン毎に「testdisk-○○-win.zip」という名称になっています。数字の箇所はバージョンによって変わります。

尚、フォルダを解凍すると、「testdisk_win.exe」という.exeの実行ファイル名があります。この「testdisk_win.exe」をダブルクリックし、起動させます。

TestDiskダウンロード可能な種類「TestDisk」OS毎ののダウンロード

「TestDisk」日本語版のダウンロードについて

今日現在「TestDisk」日本語版はありません。あたかも日本語版の「TestDisk」のような表記も見受けられますが、日本語化パッチも含めてありません。

本記事では一応、対日本語訳も記載していますので参考にしてください。英語が分からなくても操作ができるように表記しています。

 

「TestDisk read error」の原因

「Read error」はそのまま「読取りエラー」という意味になります。この「Read error」が表示されてしまう原因のほとんどは、「セクター不良」です。

セクターの読み込みができないためにパーティションを検出できない場合は、「TestDisk」で解決できるトラブルではありません。「セクター不良」は記録面をそもそも読見込めないので機械的な故障である物理障害の可能性があります。

この「セクター不良」は頻繁に読み書きをおこなう場所で多発しやすい傾向があります。例えば特定のフォルダやファイルが消失したり、アクセス時にフリーズする原因は、「セクター不良」が考えられます。購入から年数があまり経っていないのに、故障する原因の1つが、特定のセクターだけにアクセスを繰り返し、異常に使用頻度が高いケースがあります。

非常に厄介なトラブルで、ハードディスクの場合、ヘッド制御不良に繋がりやすく、最悪、特定のデータにアクセスできないだけではなく、完全に故障し、データ復旧専門業者でも復旧できない程、損傷しやすい傾向があるので要注意な兆候です。

また「TestDisk」は、Windowsが正常起動している場合、OSの入ったドライブに対し実行してはいけません。ハードディスクのデータを破壊する可能性があるためです。そのため、万が一に備えて、データのバックアップを実行し、保存データの確認をおこなった後に、落ち着いて作業をする必要があります。

「TestDisk」は様々なメディアに対応しています。また、「TestDisk」はパーティションテーブルが破損したことが原因で、「パーティションを認識できなくなったドライブ」に有効です。その他にもユーザー自身が間違って「パーティションを削除した」ケースなども有効です。

但し、間違った操作で何度もパーティションテーブルを上書きや書き換えを実行すると、正確なパーティションテーブルの読み込みができなくなり、「TestDisk」でも、データ復旧業者でも復元不可能になる危険性があるので、くれぐれも注意が必要です。

 

OSが起動しない場合

Ultimate Boot CD操作画面

「Ultimate Boot CD」起動後の選択画面

Windowsが起動できない原因がパーティションテーブルにあることは良くあるトラブルの1つです。パーティションテーブルに問題があるとOSが起動する前のブートマネージャーの段階でエラーとなるからです。

「BIOS」のファームウェアー管理で、ハードディスクを認識していても、ブートマネージャーの段階でパーティションテーブルのエラーが検出されれば、OSであるウィンドウズのシステムを読み込む前段階でエラーとなります。

このような場合、「TestDisk」をそもそもパソコンから起動することが出来ません。鶏が先か、卵が先かのような議論になりますが、こもような場合、OSが正常に起動しているパソコンにUSB接続ケースに入れた「故障ハードディスク」を接続した上で、「TestDisk」を実行させる必要があります。

パソコンが1台しかなく、CDやUSBメモリーから起動できるOSを利用して、そのOS上で「TestDisk」を実行する必要があります。その点、「Ultimate Boot CD」は1枚のCDからOSを起動できるようになっており、その他にもさまざまな便利なツールがあるので1つあると大変便利です。

問題なのは、事前に「Ultimate Boot CD」をダウンロードし、CDなどに焼いておかないといけないことです。若しくは、別の正常起動できるパソコンから「Ultimate Boot CD」をダウンロード後に使用する必要があります。

 

「TestDisk」による復旧の難易度

「TestDisk」による復旧の難易度は「パーテーションテーブル数」によります。この場合の「パーテーションテーブル数」とは、現在だけではなく過去に作成したものも含まれます。

そのため、OSがあったり、過去に別のOSを入れていたり、パーテーションの領域を拡大したり縮小したり、幾つものパーテーションを作成していると、操作の難易度が上がり時間がかかります。

調査・復旧対象とする「パーテーションテーブル数」の選択枝が増えて、何度もトライアンドエラーを繰り返す必要が出てくるからです。

一方、「USBメモリー」や「USB接続の外付HDD」はパーテーションを複数作成するケースがほとんどなく、1つのパーテーションのみで利用しているケースが多いため、復旧対象とする選択数が少なく楽です。但し、「USBメモリー」や「USB接続の外付HDD」であっても、フォーマットやパーテーションの削除と作成を繰り返して、同様に難しくなります。

このような選択数が膨大に増えて、作業や時間が増えてしまうのは、「TestDisk」のようなディスクパーティション用の修復ツールだけに限りません。というのも同様な作業は「有料、無料を問わずデータ復元ソフト」でも必要になるからです

「パーテーションテーブル」はファイルやフォルダーなどのデータが乗っかている土台に該当するため、この検出が正確にできないと、その先の作業を正確に進めることが出来ないのです。

 

「TestDisk」の実行

「testdisk_win.exe」の実行ファイル

「testdisk_win.exe」の実行ファイル

いよいよ「TestDisk」の起動するには、「testdisk_win.exe」の実行ファイルをダブルクリックし「TestDisk」を実行します。

「TestDisk」は、「コマンドプロンプト」と操作感覚が似ています。実際、マウスを使わずに、キーボード上の「矢印のカーソルキー」と「Enter」キーで操作可能です。

最初に確認されるのが、「TestDisk」の動作履歴の保存の有無です。万が一、後で作業を確認する恐れがあるので、「Create(作成)」を選択しておいたほうが無難です。

表記 日本語訳
Create 作成
Append 追加

 

TestdiskのCreate

「Create(作成)」や「Append(追加)」を選択後、「Enter」キーで、次へ進めます。この「Create(作成)」や「Append(追加)」で作成されたログファイル「TestDisk」の実行ファイルと同じフォルダ内に保存されます。

次に「TestDisk」による操作対象となるドライブ選択します。
矢印のカーソルキーで操作可能です。

Testdiskのドライブ選択

 

表記 日本語訳
Proceed 続行
Quit 中止

 

パーティションテーブル種別の選択

パーティションテーブル種別を選択します。このパーティションテーブル種別とは、聞きなれない言葉かと思いますが、主に2つの種類が存在します。

  • Intel
  • EFI GPT

 

パーティションテーブルの種別「Intel」

「TestDisk」は、ある程度は自動でパーティションテーブル種別を判断してくれます。但し、残念ながら自動で判断された種類が正しいとは限りません。というのも、「TestDisk」を使用しなければいけない状況というのは、必ずしも記録メディアが正常に動作している環境とは限らないからです。

そのため、一般的なパーティションテーブルの種別判断基準を挙げます。

TestDiskのIntelを選択

例えば、一般的な「MBR」のパーティションテーブルを利用している場合には、「Intel」です。ハードディスク以外でも、FAT系のファイルシステムを使用している「USBメモリ」や「SDカード」も「Intel」を選択します。

 

パーティションテーブルの種別「EFIGPT」

同じハードディスクでも、最大容量が2TB以上の場合など、GPT(Globally Unique Identifier・パーティション・テーブル)を使っている場合は、「EFI GPT」となります。

 

「TestDisk」のメインメニュー

「TestDisk」のメインメニューでは、主な項目が次のようにあります。通常、英語のみで分かりづらいのですが、おおよその日本語の意味は次の通りです。

表記 日本語訳 詳細
Analyse 解析 パーティションの解析
Advanced 高度 ブートセクタ(PBS)の修復など高度作業
Geometry 配置 ディスク配置の変更
Options 選択肢 動作選択
MBRCode MBRコード マスター・ブート・レコードの再構築
Delete 削除 パーティションテーブルを「0」で上書きし削除
Quit 中止 作業を中断し戻る

「TestDisk」メインメニューの主な項目

「TestDisk」はパーテーションなどの強力な修復ツールです。そのため間違った操作を実行すると取り返しがつかないトラブルになります。

TestDiskのAnalyse解析

Analyse(解析)でパーティションの解析を実行することは変更を伴わない作業なので問題ありませんが、Analyse(解析)とQuit(終了)以外はどれも危険な操作になります。

不要なパソコンがあれば、練習しながら訓練が出来ますが、いきなり無暗に操作を実施すると、2次災害、3次災害に発展しやすいので取扱いには充分に注意が必要です。

 

「Analyse」の「Quick Search(素早い検索)」

メインメニューで「Analyse(解析)」を選択すると、現在のパーティション情報が解析した上で表示されます。

表記 日本語訳
Quick Search 素早い検索
Backup 予備

QuickSearch

「Analyse(解析)」では、「Quick Search(素早い検索)」を基本的に選択します。「Backup(予備)」を選択した場合「TestDisk」の実行ファイルと同じフォルダ内に「backup.log」ファイルを作成し、「TestDisk」の実行前の各種情報を保存します。

安全に、また慎重に作業を進行させたい場合、「Backup(予備)」後に、「Quick Search(素早い検索)」を選択します。この「Quick Search(素早い検索)」で解析が終わると、調査結果内容が表示されます。

 

「Quick Search(素早い検索)」の主な記号と意味

TestDisk記号の意味

表示されている主な記号の意味は下記の通りとなります。

P プライマリパーティション(最初のパーテーション) アクティブなプライマリパーティション(動作中の最初のパーテーション)。※つまり現在使用中のOSがある場所
L 論理ドライブ 「論理ドライブ」は「拡張パーティション」の中でのみ作成可能
E 拡張パーティション 「論理ドライブ」を格納するためのパーティション
D 削除されたパーティション 過去のパーティション情報

「TestDisk」が利用者に好評な理由の1つに簡単で安全なツールであるということが挙げられます。

例えば、パーティションを選択し、左右カーソルキーを押すと、パーティションの種類を変更可能ですが、万が一、ユーザーが間違った設定をしても、。「TestDisk」側で自動判断し、適当な設定はできないように配慮されています。

また間違って削除してしまったパーティションであっても、アレコレ操作をせずに利用すれば、「TestDisk」の「Quick Search(素早い検索)」で簡単に検出可能です。※物理的に故障していないメディアであることが前提

その他に目的のデータが入ったパーティションかどうかを判断する目安として、「ファイル一覧」表示機能があります。

例えば、「TestDisk」で表示されたパーティションを選択し、キーボードの「P」キーを押すと、ファイルがある場合には「ファイル一覧」が表示されます。

逆に、ファイルを表示できない場合は、目的のパーティションでない可能性が高いと判断します。「ファイル一覧」を確認しながら、目的のパーティションを検出したら、「Enter」キーを押して次に進みます。

万が一、「Quick Search(素早い検索)」では、復旧したいデータが保存されていたパーティションが不明な場合も、次のステップへと進みます。

というのもブートセクタの痕跡が複数あるハードディスクの場合、「Quick Search(素早い検索)」では、検出できないケースがほとんどです。大量のデータ保存が可能なハードディスクの場合、OSのインストールがされていた物も多いことが予想されます。

逆に、「USBメモリー」や「SDカード」などは、OSのインストールをした過去がなかったり、パーテーションやファイルシステムの変更をせずに利用するケースが多いため、「Quick Search(素早い検索)」が活躍する可能性があります。

 

Deeper Search(高深度解析)

Deeper Searchの実行

「Quick Search(素早い検索)」では簡易的な調査がメインで素早く解析することが目的なので、ユーザーの目的としたパーテーション情報が検出できないケースがほとんどです。

そのような場合には、「Deeper Search(高深度解析)」を選択します。この「Deeper Search(高深度解析)」はハードディスク全体を解析するため、非常に時間がかかりますが、高度な解析を実行してくれます。

但し、「Deeper Search(高深度解析)」は、最初から実行を試す操作ではありません。まず最初は「Quick Search(素早い検索)」で目的のパーティションを探し、それでも見つからない場合、次のステップとして「Deeper Search(高深度解析)」に進んだ方が時間と労力の節約になります。

Warning(警告)

「Deeper Search(高深度解析)」を実行すると、複数のパーティションの履歴があるハードディスクの場合、通常とは異なる情報があるため、途中で警告メッセージが表示されます。「Quick Search(素早い検索)」とは違い、「Deeper Search(高深度解析)」では、エラーも含めて解析するため必要な情報です。

尚、「Deeper Search(高深度解析)」は、数テラバイトといった大容量のハードディスクの解析に使用した場合、24時間から48時間以上かかるケースもあります。また「Bad Sector(不良セクター)」が多発している場合、解析作業が中断し、フリーズするケースもあります。

そのため、ハードディスクの購入年数が4年以上経過している場合、最悪、クラッシュする可能性があることを念頭においていた方が良いでしょう。

 

回復不能な例外パーティション

「DeeperSearch」終了時に、「seems too small(容量が小さすぎる)」とエラー表示警告されることがあります。

これは、「TestDisk」で検出された領域が、ハードディスクの領域の外になってしまっているイレギュラーを意味します。この場合、無効な記録なので、「TestDisk」ツール側から選択肢から外すメッセージです。

このようなイレギュラーなブートセクタの情報は、パーティションやドライブをアプリケーションプログラムを使用して丸ごとコピーした場合に発生しやすい傾向があります。このような場合でも、基本的には無効な情報のお知らせなので、気にせず「Continue(継続)」を選択して先に進みます。

左右の矢印カーソルキーを操作し、パーティションを変更します。その際、重要なのは「P」キーを押して「ファイル一覧」が表示されるかどうかです。

購入から一切、パーティションの変更を行っていないケースの場合、表示されるパーテーション情報は1つだけなので、判断に迷うことはありません。問題なのは、譲受けた「ハードディスク」や古いOSで使っていた経歴の長いストレージの場合です。

複数の経歴がある場合、幾つものパーテーション情報が表示されるため、1つずつ確認していく必要があります。

Structure:Bad(構造:不良)

testdisk-structurebad

間違った設定をした場合、Structure:Bad(構造:不良)の表示がされます。間違った操作をした場合には、自動で「TestDisk」が判断してくれるので便利な機能です。

パーティション設定が終了後、「Enter(入力)」キーを押すと確認画面が表示されます。

「TestDisk」が設定するパーティションの一覧が表示されます。

「Write(書き込み)」を選択すると、「TestDisk」の表示画面に記載されている「パーティションの情報」を基に「パーティションテーブル」に書き込みます。

TestDiskの書き込み実行

ユーザーへの最終確認画面が表示されます。

TestDiskの最終確認
「Y(はい)」キーを押すと、最終的に「パーティションテーブル」に書き込みを実行します。

TestDiskの再起動

「再起動してください」のメッセージ

「TestDisk」から再起動のメッセージが表示されれば完了です。

尚、再起動や再接続が必要な理由は、「パーティションテーブルの読み込み」を始めストレージの確認作業が初回接続時にのみ実行されるからです。Windows側に設定を反映させるため、再起動またはメディアの再接続(抜き取りと差し込み)をします。

例えば、「TestDisk」を実行したメディアが「USBメモリ」、「SDカード・MicroSDカード」、「USB接続の外付けHDD」の場合は、抜き差しをおこない再接続しWIndowsに正しく認識させます。

 

「TestDisk」の使い方のまとめ

「TestDisk」を実行するのが、利用者本人の場合、あまり問題になりませんが、システム管理者や利用者本人以外が使用する場合に注意点があります。

当たり前の話ですが、「未フォーマット」の場合、「TestDisk」を実行しても検出されません。

「パーティション」は「ブートセクタ」と一対です。

「パーティションテーブル」は、「パーティション」を削除した段階で「0」データの上書きフォーマットを実行され、完全に削除されます。そもそも「TestDisk」は痕跡がある「パーティションテーブル」を探すものなので、痕跡が残っていない場合、検出されません。

また「TestDisk」が正常に終了したとしても、それが正しいデータ構造になっているとは限りません。特に、「TestDisk」は故障の兆候が発生しているストレージに対し、利用することが多いツールなため、残念ながら「TestDisk」の実行命令が正しく反映されるとは限らないのです。

さらに「パーティション」にエラーが発生している場合、検出された「ブートセクタ」が間違った情報で既に上書きされている可能性があります。

ブートローダーの順番と役割

つまり「ブートセクタ」が間違っている場合、その情報を基に「当該パーティション」にアクセスすることができません。

「TestDisk」は、過去のブートセクタも検索することが可能です。痕跡のあるブートセクタ情報をもとに「パーティションテーブル」を変更し、「パーティション」の復元を実行します。

但し、それが動作中の最初のパーテーションであった場合、つまり、現在起動中のウィンドウズが動作しているものであった場合Windowsを起動することが出来なくなる危険性があるので取扱いには注意が必要です。「TestDisk」はパソコンの操作に慣れていても、間違って使うと大変なことになります。いきなり操作するよりも何回か練習をしてから本番に挑んだ方が安全です。

関連記事

DISK BOOT FAILURE INSERT SYSTEM DISK AND PRESS ENT...
views 0
セーフモードとは、起動に必要とされる最小限の機能のみを動かすモードです。つまりOSの「簡易診断モード」になります。通常のOS起動では、ウィルスの実行ファイルも起動してしまい、「ウィルスも動作中」にな...
GPTとMBRの違いと運用
views 0
MBRとGPT リンクステーション(LINK STATION)やテラステーション(TERA STATION)はパーテーション形式はMBRではなく主にGPTになります。そのため、リンクステーションから...
GPT保護パーティションとは
views 0
ハードディスクのパーティションテーブル規格には現在「MBR」方式と「GPT」方式の二式が使はれています。MBRパーティションでは、最大でも2TiB以下でないと管理できませんが、GPTパーティションで...
GPT保護パーティションと表示されてウィンドウズPCからハードディスクが読取れない...
views 0
パソコンのOSがマックで接続していた外付けのハードディスクドライブやネットワーク型HDDをウィンドウズやMACもある複数のOSが混在するネットワーク環境で使っていた場合、この外付けのハードディスクドラ...
NTLDR is missing Press CTRL+ALT+DEL to restartの原因と...
views 0
パソコンを使っていると「NTLDR is missing Press CTRL+ALT+DEL to restart」の表示が出てWindowsが起動しないことが有ります。 この「NTLDR is m...

コメントは受け付けていません。